英会話の基本は慣れ

英会話は、基本、慣れだと思います。
ある程度の文法や語彙などが要求されるのはもちろんですが、かといって『英語の知識』があるからといって英語が話せるかというと、そうではないですよね。
瞬間英作文という本が非常に評判がよいようで、私も目を通したことがあります。どれも基本的な分が並んでいて、簡単な日本語のセンテンスを英語で言えるようになるようにトレーニングしていくものです。
それだけです。
どうしてこんなシンプルな内容な本が人気なのか。

それは実際に会話に役立つからでしょう。
突然話しかけられて、とっさの一言がでてこない方が多いのは、シンプルな構文が口をついてでてくるまで練習したことがないからです。

一時的に覚えたり、考えないと言えないような英語では、会話のスピードが止まってしまい、会話になりません。
だから、いちいちここは三人称だからSがついて、なんてやらなくても、考えなくても基本的な文法を押さえた文章を作れるようになれば英会話はなんとかなるでしょう。

会話はキリがないですから、極めようと思えば一生勉強だと思いますが、例えば英語圏への旅行で自分で意思疎通ができるようになりたい、レヴェルであれば、NHKのラジオ講座を繰り返すことで十分だと思います。